東京都足立区|矢立初めの地 <アゼスタ観光地ブログ>

2020.03.16 Monday

0

    こんにちは、アゼスタです。
    今回は千住大橋公園内にある「矢立初めの地」のご紹介です。

     

    千住大橋公園は、東京都足立区の隅田川沿いにある公園です。

    ここは有名な松尾芭蕉「おくのほそ道」の始まりの句を詠んだ「矢立初めの地」です。

     

    松尾芭蕉は1689年(元禄2)年3月に弟子の曾良を伴って深川(江東区)から船で遡上して、千住(足立区)に降り立ち、

    奥州、北陸、美濃へと旅立ちました。

    「おくのほそ道」は全行程約600里(2,400km)、元禄4年(1691年)までの約150日間に及ぶこの旅をまとめたもので、

    芭蕉の死後の元禄15年(1702年)に刊行されました。

     

     

    矢立初めの地とは、奥の細道に著された「千じゆと云所にて船をあがれば、前途三千里のおもひ胸にふさがりて、

    幻のちまたに離別の泪をそゝぐ。 「行春や鳥啼魚の目は泪」 是を矢立の初として行道なをすゝまず。」という

    一文から来ています。
    矢立とは筆と墨壺を組み合わせた携帯用の筆記用具のことをいうそうです。

     

    「おくのほそ道」から松尾芭蕉が見たその土地の美しさを想像しながら、
    その足跡を辿る旅をしてみるのはいかがでしょうか。


    ------------------------------------------------------------------------------
    東京都足立区 「矢立初めの地」

     

    [所在地] 東京都足立区千住橋戸町31

     

    [最寄駅] 京成線 千住大橋駅 

     

    [HP] http://adachikanko.net/spot/shrines-temples04/id-119
    ------------------------------------------------------------------------------

     

    コメント
    コメントする