鹿児島県鹿児島市|桜島 <アゼスタ観光地ブログ>

2019.12.20 Friday

0

    こんにちは、アゼスタです。
    今回は鹿児島県から「桜島」のご紹介です。

     

    桜島(さくらじま)は、日本の九州南部、鹿児島県の鹿児島湾(錦江湾)にある

    東西約12km、南北約10 km、周囲約55 km、面積約77km2の火山です。
    かつては島でしたが、1914年(大正3年)の噴火により、鹿児島市の対岸の大隅半島と陸続きとなりました。

     

     

    火口から3.5kmにある「湯之平展望台」が自家用車で登れる火口に最も近い展望スポットです。
    かつては「湯之平展望台」から更に山頂方面に登った「引之平展望台」(火口から2kmの距離、標高563m)まで

    観光道路で登ることができましたが、現在は徒歩でのみ行くことができます。
    その他の観光スポットとしては溶岩原を望む「有村溶岩展望所」や「黒神ビュースポット」が知られています。

    また島内の野尻町には火山活動に関する資料を集めた「桜島国際火山砂防センター」が開設されています。

     

    特産品としては、かぶらを大きくしたような世界一大きい大根「桜島大根」と、

    世界一小さなみかん「桜島小みかん」が有名です。

    また、土産物として、桜島の溶岩を利用した焼肉プレートが販売されています。
    小瓶に詰めた火山灰も売られています。


    ------------------------------------------------------------------------------
    鹿児島県鹿児島市 「桜島」

     

    [所在地] 鹿児島県鹿児島市
    ------------------------------------------------------------------------------

     

    コメント
    コメントする