栃木県 │日光東照宮 <アゼスタ観光地ブログ>

2017.12.15 Friday

0

    こんにちは。アゼスタです。
    今週は名古屋と岐阜市の初雪、新潟では雪かきの場面がニュースになりました。
    いずれも例年より7日から10日ほど早いとか。
    関東も当面の間真冬並みの寒さが続くと発表されています。
    本格的な冬の始まりです。
    皆さま、けがや病気のないようくれぐれもご自愛くださいね。

     

    さて、今回は栃木県から「日光東照宮」をご紹介致します。

     

    皆さんもよくご存知の場所ですが、この「日光東照宮」は江戸幕府初代将軍・徳川家康を神格化した
    東照大権現を祀っている神社です。
    2代将軍徳川秀忠公により建てられ、その後1634年〜1636年にかけて3代将軍徳川家光公により造替されています。
    現在ではそのほとんどの建築物などが、国宝や重要文化財に指定され、1999年には世界遺産にも登録されています。

     

    建物には動物の木彫り像が多くこれらの動物のほとんどは平和を象徴していると言われています。
    有名なところではやはり“眠り猫”でしょうか。
    眠りながら足を踏ん張っていることから、家康を護るために寝ていると見せ掛け、
    実はいつでも飛びかかれる姿勢をしているとされています。
    が、この裏面には雀たちが彫られていることから、もう一つの教えとして、
    裏で雀が舞っていても「猫も寝るほどの平和」を表している、と解説されています。
    家康の望んだ日本の恒久平和を表現しているということですね。

     

    日光東照宮 栃木県日光市_R.JPG

     

    連日、国内外の観光客で賑わっていますが、近年では歴史のお勉強というよりも
    パワースポットとしての人気が高いようです。
    「日光東照宮」は江戸城の真北にあり、本殿前に造られた陽明門は真南を向いていて、
    真北を向いている江戸城と向かい合わせになっている位置にあります。
    当時の風水・陰陽道のさまざまな手法を使って、運気の良い場所、

    大地のエネルギーがみなぎる場所に造り上げられたとされ、
    江戸時代が長く繁栄したのは、「日光東照宮」のおかげであると考えられています。
    そのパワーの恩恵にあやかろうと世界中から人々が集まってくるそうです。

     

    特に運気の強い場所としては、北辰道の起点、奥宮宝塔、上神道の3か所があげられています。
    仕事運、勝負運、上昇運、商売繁盛、良縁成就、子授け、安産等多種多様なパワーがあると言われています。、
    歩いているだけでも強い生気とエネルギーを感じることが出来るそうです。
    私アゼスタ社員は時間がなくゆっくりまわれなかったのが残念です(泣)

     

    日光近隣は、「二荒山神社」「華厳の滝」「いろは坂」「中禅寺湖」「日光江戸村」「東武ワールドスクエア
    まだまだたくさんの観光スポットがあり、泊まりであれば「鬼怒川温泉」もあります。
    1度とならず何度行っても新しい発見のある観光地と言えます。
    ぜひお出かけになってみて下さい。

     

    -------------------------------------------------------------

    栃木県「日光東照宮」

    [所在地]栃木県日光市山内2301
    [TEL]0288-54-0560
    [公式HP]http://www.toshogu.jp/
    [拝観時間]4月1日 〜 10月31日 午前8時より午後5時まで
                 11月1日 〜 3月31日  午前8時より午後4時まで
    [拝観料]大人1,300円 小・中学生450円

    -------------------------------------------------------------

    コメント
    コメントする