愛知県 │新東名高速道路 長篠設楽原PA下り<アゼスタ観光地ブログ>

2017.11.13 Monday

0

    こんにちは。アゼスタです。

    七五三の季節ですね。

    この週末にお参りに行かれた方もいらっしゃるでしょう。

    七五三は地域によって慣習や規模も違いますし、最近では夏に日焼けする前に撮影を済ませてしまう

    春の早撮りなども多くなっているようです。

    形は様々ですが、ご家族にとって良い思い出になるのが一番ですね。

     

    それでは本題へ。

    今日は、新東名高速道路「長篠設楽原PA下り」をご紹介致します。

     

    所在地は愛知県新城市、豊田東JCT〜浜松いさなJCTの間にあるPAです。
    この近辺は歴史的に有名な“長篠・設楽原の戦い”の戦地が近く、上り線は武田軍、
    下り線は織田・徳川連合軍をそれぞれイメージしたテーマパーク的なPAとなっています。
    下り線側の延床面積は800屐上り線の約4倍くらいの広さがあります。
    建物周囲には織田・徳川連合軍の戦国のぼり旗が立てられており、
    物見櫓のような展望台や歴史資料展示コーナーまであり、高速道路の休憩所であることを一瞬忘れそうになります。

    また、近隣の方が高速道路エリア外からの来場もできるように、「ぷらっとパーク」と呼ばれる、
    一般道向けの駐車場を上下線とも備えられているので、高速道路を利用しなくてもぷらっと気軽に立ち寄れるのがいいですね。

     

    新東名自動車道 長篠設楽原PA(下り)1_R.JPG

     

    ここでぜひ試して頂きたいのが、自動販売機。
    様々な武将イメージや合戦絵巻が販売機本体にプリントされており、硬貨を投入した際と商品選択ボタンを押した際には、
    武将の声が流れてきます。全く予測していなかったのでちょっとびっくりです。
    信長の声、家康の声とそれぞれあるようなのでもう一本買ってしまいたくなります。

    施設内の店舗も“長篠陣屋食堂”、“長篠陣屋台”の名称でご当地感のあるメニューが並んでいます。
    例えば“家康鯛天丼”は家康公の好物だったとされる天然真鯛の天ぷらがのっていたり、
    武将の名前がついたラーメンは、海苔に家紋が描かれ可愛らしいサイズの、のぼりまで立っています。
    お土産コーナーでは愛知県だけでなく、それぞれの武将に関する地域のお土産や
    東海道五十三次の宿場町の関連商品も置かれています。
    お会計コーナーの柱には本物の矢がいくつも突き刺さっているし、本物の火縄銃が展示されているしと、
    見どころ満載で飽きることがありません。

     

    施設に隣接している、茶臼山の織田信長本陣跡へは「長篠設楽原PA下り」からは徒歩で5分程。

    階段を上っていくのはちょっとつらいですが、お散歩がてら歩くのにはちょうど良い距離です。

    頂上には特に何もないのですけど、ここから信長は家臣たちが戦う様を眺めていたのだろうか、などと

    歴史好きな方には魅力があると思います。

     

    テーマパークのようなパーキングエリア。

    楽しめること間違いなしです。

     

    ----------------------------------------------------------------------------

    新東名高速道路 「長篠設楽原PA下り」

     

    所在地 : 愛知県新城市矢部字谷下ノ入

    電話  : 0536-25-7710

    駐車場 : 大型60台 小型26台 身障者用3台

    売店  : 24時間営業

    フードコート : 7:00〜22:00

    ----------------------------------------------------------------------------

    コメント
    コメントする