長野県 │ 光前寺 <アゼスタ観光地ブログ>

2016.08.04 Thursday

0

    おはようございます、アゼスタです。

    リオオリンピックの開催がいよいよ迫ってきましたね。私たち社員も楽しみにしています笑

     

    そんなことはさておき、今日は光前寺についてご紹介します。

     

    光前寺は「こうぜんじ」と読み、

    長野県駒ヶ根市にある天台宗の別格本山の寺院です。

     

    貞観2年(860年)、円仁の弟子、本聖の開基と伝えられています。

    武田家、徳川家の保護を受けていたので、両家の祈願所として信仰を集めた寺だと言われています。

     

    ↑光前寺仁王門としだれ桜

     

    十余棟の堂塔を備え、長野県屈指の大寺として知られています。
    しだれ桜の名所としても有名で、開花期間中の4月中旬〜5月上旬は、ライトアップします。

    夜の桜も見応え充分でした。(アゼスタ社員による)

     

     

    ↑光前寺三門

     

    入り口にある仁王門を通ってから参道を100mほど行くと三門があります。

     

     

    ↑光前寺本堂

     

    光前寺本堂は木々が立ち並び静寂な中にあります。

    年間約30万人の善男善女の人達が訪れているそうです。

     

     

    庭園も趣があることで知られています。

    水や木々の音を感じられてるそうです。

     

    本坊休憩所でお茶(煎茶)とお菓子がいただくこともでき、

    自然のなかで心地良いひとときを過ごすことができるでしょう。

     

     

    光前寺が気になった人はぜひ訪れてみてください。

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする