三重県 │ 伊勢神宮 外宮 <アゼスタ観光地ブログ>

2016.06.07 Tuesday

0
    おはようございます、アゼスタです。
    今日は伊勢神宮の外宮を紹介したいと思います。

    そもそも伊勢神宮には内宮と外宮があります。
    内宮は皇大神と呼ばれ、天照坐皇大御神を祀っています。
    外宮は宮豊受大神宮と呼ばれ、宮豊受御神を祀っています。
    この両宮を参拝する時には、順番があり、外宮を参拝した後に内宮へ参るのがしきたりとなっています。

    内宮はまた別に紹介するとして、今日は外宮についてです。

    正宮には、正殿、西宝殿、東宝殿があります。
    多賀宮、風宮、土宮の3つの別宮もあり、他にも斎館や神楽殿、忌火屋殿、御酒殿などの建物もあります。

    三重県 伊勢神宮 外宮
    ↑神楽殿

    外宮にある神楽殿は、正宮に向かう参道の途中にある建物です。

    三重県 伊勢神宮 外宮
    ↑せんぐう館の隣の池

    せんぐう館は2013年に第62回式年遷宮を記念して開館しています。
    普段見学することのできない御神宝などについてわかりやすく学べます。

    外宮に訪れたときは
    せんぐう館にも足を運んでみてください。


    ----------------------------------------------------------------------
    せんぐう館について
    開館時間:9:00〜16:30
    休館:毎月第4火曜日(祝日の場合はその翌日)
    アクセス:
    ・  近鉄・JR伊勢市駅から徒歩で7分
    ・  伊勢自動車道伊勢西ICから車で10分
    ----------------------------------------------------------------------


    アゼスタ
    コメント
    コメントする