三重県│ 伊勢志摩国立公園 <アゼスタ観光地ブログ>

2017.08.17 Thursday

0

    こんにちは!アゼスタです。

    立秋とはいえまだまだ夏真っ盛り。

    夏休み。海にプールにアクティブに過ごす方、静かに室内であるいは避暑地で過ごす方。

    どちらも最高の思い出になりますように…。

     

    さて、今回は「伊勢志摩国立公園」のご紹介です。

     

    この公園、とても広いですね。

    志摩半島とその周りの伊勢市、鳥羽市、志摩市、南伊勢町にかけて、

    およそ6万haの広大な面積を占めているそうです。

    国立公園としては最も人口が多く、山中には鹿、イノシシ、ニホンザルなどが生息し、

    沿岸部はハマユウ、ハマナデシコなどの海浜植物が咲く。

    そして空にはウミネコ、セグロカモメなどの海鳥が舞い、

    リアス式海岸の美しい地形を眺めているのですね。

    自然と人と生き物が調和した美しい公園だなあと思います。

     

    伊勢志麻国立公園 三重県_R.JPG

     

    公園内の主な観光地としては、伊勢神宮・二見浦・鳥羽水族館・ミキモト真珠島・御座白浜海水浴場

    国府白浜・朝熊山(伊勢志摩スカイライン)・青峰山といったところでしょうか。

    他にもパールロードや海女さんのふるさと、アコヤガイやハマチノの養殖、英虞湾に沈む夕日など。

    何度も訪れたくなる名所ばかりです。

     

    今でしたら伊勢海老やあわび、秋になったら牡蠣が旬です!

    ぜひお出かけ下さい!

     

    栃木県 │ 東北自動車道 上河内SA下り <アゼスタ観光地ブログ>

    2017.08.10 Thursday

    0

      皆さま、こんにちは!アゼスタです。

      そろそろお盆休みのシーズンですね。

      体調など崩さぬようご自愛して頂きお休みを過ごしてくださいね。

       

      今日は東北自動車道から「上河内サービスエリア」のご紹介です。

       

      所在地は栃木県宇都宮市、スマートインターチェンジも併設する

      大型のサービスエリアです。

      行楽シーズンには渋滞の先頭地点になることも多いので、

      ニュース等で耳にしたことがある方もいらっしゃるのでは?

       

      フードコート、ショッピングコーナー、ガソリンスタンドも24時間営業なので

      旅行や帰省で夜遅くに走る方には本当に便利な休憩地点ですね。

       

      東北自動車道 上河内SA(下り)_R.JPG

       

      そしてなんといっても、ここでは本場の宇都宮餃子が食べられるのです!

       

      ↓宇都宮餃子家“豚嘻嘻”とんきっき売店。フードコート内にも店舗があります。

      東北自動車道 上河内SA(下り) 餃子館_R.JPG

       

      夏のビールに餃子の組み合わせは最強と信じるアゼスタ社員にとって、

      インターを降りずとも宇都宮餃子が食べられるのは最高の幸せ!

      もちろんビールは我慢ですが、リーズナブルにそしてフードコートでは

      注文してから焼いてくれるので常に出来立てが味わえます。

       

      「Hot Deli」コーナーでは“餃子ドッグ”、ショッピングコーナーでは

      那須烏山産のかぼちゃを使った“中山かぼちゃアイスクリーム”が人気のようです。

      また栃木県民にはお馴染み、県外ではおめにかかれない“レモン牛乳”もありました!

       

      東北道ご利用の際にはぜひ立ち寄ってみて下さい。

       

       

      -----------------------------------------------------------

      東北自動車道「上河内サービスエリア下り」

       

      駐車場 大型48台  小型174台  身障者用大型1台 小型6台

      レストラン      7:00〜22:00

      フードコート     24時間

      O・CHA・U・KE・YA 8:00〜18:00

      ショッピングコーナー 24時間

      餃子コーナー(売店)  7:00〜21:00

      ガソリンスタンド   24時間

      -----------------------------------------------------------

      北海道│ 五稜郭 <アゼスタ観光地ブログ>

      2017.07.31 Monday

      0

        おはようございます!アゼスタです。

        真夏日が続いてますね。

        夏バテ防止には旬の夏野菜で。トマトやキュウリ、枝豆などは身体の熱を逃がし

        栄養や疲労回復効果も高いのでお勧めです。

         

        では本題へ。今回は函館の「五稜郭」のご紹介です。

         

        「五稜郭」といえば、明治の戊辰戦争最後の戦い、函館戦争の舞台となった

        場所ですね。榎本武揚や土方歳三といった名前が浮かんできます。

        なぜ、星形か?これも「五稜郭」と聞いて思い浮かびますね。

        5つの突起の部分に大砲を設置することで死角が出来ない。

        敵に攻撃させる場所を限定させる、といったことを考えて練られた設計で

        ヨーロッパの技術を取り入れたものだそうです。

        幕府の意地を感じます。

         

        「五稜郭」は函館戦争の少し前、アメリカの開国要求に対応して1864年に

        函館奉行所の移転先として築造されました。しかし二年ほどで幕府が崩壊してしまった為、

        本来の目的、奉行所としては短い期間しか使われず、函館戦争後は陸軍の練兵場として使用されてきました。

         

         

        五稜郭1 北海道函館市_R.JPG

        ↑五稜郭タワーから。

         

         

        現在のような公園として開放されるようになったのは、大正3年(1914年)からです。

        この頃に植樹された5000株の桜の苗木のうち1600本が現在でも残っており

        北海道でも有数の桜の名所になっています。

        昭和34年(1964年)には五稜郭築城100年を記念して、五稜郭タワーが開業。

        函館を代表する観光地として揺るぎないものになりました。

        徐々に現在の観光名所としての「五稜郭」に変わっていきます。

         

         

        五稜郭2 北海道函館市_R.JPG

         

        そして平成22年(2010年)、公園のほぼ中央に「函館奉行所」が復元されました。

        コケラ葺き屋根のスギ、玄関のケヤキ、柱の青森ヒバ、天井板や板戸の秋田スギ、

        屋根裏の梁には岩手などの東北地方のマツ、大広間の備後表の本畳など、出来るだけ江戸時代と同一の産地・材料に

        こだわった復元を実施したそうです。

        内部は一般公開されており、格式の高い建物を間近で確かめたり、

        映像で復元の過程を見ることが出来ます。

         

        この夏の計画をこれから立てる方。

        函館で過ごす夏休み、幕末に思いを馳せるひと時などいかがでしょうか。


        --------------------------------------------------------------------------------

        《五稜郭公園》国指定特別史跡

        所在地:北海道函館市五稜郭町44番地

        開園時間:4月〜10月 5時〜19時

             11月〜3月 5時〜18時

        函館奉行所

        料金:大人500円 小人250円 小学生未満無料

         

        五稜郭タワー

        営業時間:4月中旬〜10月中旬 8時〜19時

             10月中旬〜4月中旬 8時〜18時

        料金:大人900円 中・高生680円 小学生450円 小学生未満無料

        --------------------------------------------------------------------------------

        静岡県 │ 三島スカイウォーク <アゼスタ観光地ブログ>

        2017.07.25 Tuesday

        0

          皆さま、こんにちは!アゼスタです。

          いよいよ夏本番ですね。

          暑さに負けないようしっかり食べて、寝て、お仕事を頑張ってまいりましょう。

           

          さて今回ご紹介しますのは、「三島スカイウォーク」です。

           

          平成27年12月にオープンした日本一の吊橋「三島スカイウォーク」。

          何が日本一か?

          まず、人が歩いて渡れる吊橋として全長400mと、長さが日本一。

          そして日本一高い富士山と日本一深い駿河湾を眺めることが出来る。

          日本一が三つもあるのです。絶景が望めること間違いなしですね。

          晴れていれば富士山が目前に、そして夕日や季節毎に違った景色が楽しめるので

          伊豆へ来るたびに立ち寄りたくなるのでは?

           

          そして今回私が注目したのは、景色はもちろんですが、

          橋の設計の段階から車椅子同士がすれ違える幅にしたということ。

          有料ではありますが、車椅子やベビーカーのレンタル、ペット(犬)の専用カートも用意されています。

          旅行に来た皆が気兼ねなく楽しめる場所、なのですね。

           

           

          スカイウオーク 静岡県_R.JPG

           

          併設している施設は、ショップ、カフェ、レストラン、地元の特産品や土産品などを販売している

          スカイガーデンなどがあります。地下300mから組み上げた水で入れたコーヒーや、富士山麓の牧場の

          生乳から作ったソフトクリーム、スカイウォークオリジナルのコロッケなどがおススメです。

           

          高い安全性を誇るスカイウォークですが、ちゃんと?揺れるように設計してあるそうです。

          この夏、新しい景色とスリルを体験してみませんか。

           

           

          ----------------------------------------------

          三島スカイウォーク

          静岡県三島市笹原新田313

          TEL:055-972-0084

          営業時間:9:00〜17:00

          入場料金:大人1000円 中高生500円 小学生200円

          駐車場:大型車28台  普通車400台

           

          沼津ICから車約15分

          JR三島駅からタクシー約20分

           

          ※雨天の場合かっぱ着用で通行可(傘は使用不可)

          ----------------------------------------------

           

          山梨県 │ 中央自動車道 八ヶ岳PA下り <アゼスタ観光地ブログ>

          2017.07.18 Tuesday

          0

            梅雨明け宣言が待ち遠しい今日この頃。。

            いかが、お過ごしでしょうか。アゼスタです。

             

            今日は山梨県、中央自動車道「八ヶ岳パーキングエリア下り」のご紹介です。

             

            山小屋風の可愛らしい赤い屋根が映えるこのパーキングエリアは、

            山々に囲まれるロケーションが自慢。

            天気の良い日には、前方に八ヶ岳、東に秩父、西に南アルプス連峰を望むことが出来ます。

            解放感溢れる敷地内には、遊歩道や緑地、テラス席などがあり、

            家族連れや、わんちゃんと一緒にお散歩している様子が見られます。

            背中を伸ばせるベンチもあり(背もたれが後ろ側に丸く巻かれているベンチ)、

            ドライバーの方には最適なリフレッシュ方法ですね。

             

            中央自動車道 八ヶ岳PA(下り)_R.JPG

            ↑2012年にリニューアルオープン。

             

            おすすめグルメは、スナックコーナーで食べられる「三分一湧水天盛り蕎麦」。

            日本名水百選にも選ばれた三分一の湧水を使用した職人さんの手打ち蕎麦だけに

            さすが!のお味でした。

            近隣の観光施設には、「サントリー白州工場」や「シャトレーゼ白州工場」などが

            ありますので、やはりお水が美味しい地域なのだなと実感。

            他に清里カレーやソーセージカレーなども美味しそうです。

             

            ショッピングコーナーでは、清里高原の牛乳やチーズ、ヨーグルト、

            八ヶ岳燻製工房のソーセージやベーコンなどが人気のようです。

             

            夏休みのご旅行やドライブ、バスツアーの立ち寄りにぜひご利用になってみて下さい。

             

            ----------------------------------------------

            所在地:山梨県北杜市長坂町大八田

            電話:0551-32-3741

            営業時間:6:00〜22:00
            P:大型38台 小型50台

            ----------------------------------------------

             

             

             

             

             

             

            東京 │ 明治神宮球場 <アゼスタ観光地ブログ>

            2017.07.12 Wednesday

            0

              皆さま、こんにちは!アゼスタです。

              寝苦しい夜が増えてきました。

              夏風邪などひかれてないでしょうか。

               

              今日は東京から「明治神宮球場」についてご紹介致します。

               

              先日、高校野球選手権東京大会開会式で、早実の清宮君が選手宣誓をして話題になった

              ばかりのこの場所、通称「神宮球場」。

              年間500を超える試合やイベントが開催されており、プロ野球ヤクルトスワローズの本拠地、

              または大学野球の主戦場としても、よく知られていますね。

               

              この神宮球場が建てられたのは1926年(大正15年)。

              明治神宮外苑の美観を損ねないよう随所に工夫がされている建物で、

              野球場とは思えないほど風情のある球場として人気を保っています。

              アーチ形の回廊や窓、石積みの装飾などがその代表と言えそうです。

              完成から90年を超え、改修工事を重ねながらも、数々の名シーンや熱闘の舞台となってきましたが、

              老朽化もあり、東京オリンピック後2025年までに建替えられることが発表されました。

               

               

              神宮球場 東京都_R.JPG

               

              最近では野球だけではなく、マラソンやライブ、イベントの会場として利用され、

              夏には「神宮外苑花火大会」のメイン会場として多くの来場者を集めています。

               

              古き良き歴史ある球場で、夏の夜空と冷たいビール。

              至福の時を過ごせること間違いありません!

               

              ぜひお試しを。

               

               

              ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

              住所:東京都新宿区霞ヶ丘町3-1

              電話:03-3404-8999

               

              アクセス:【電車】

              東京メトロ銀座線「外苑前」駅より徒歩5分

              JR総武線「信濃町」駅・都営大江戸線「千駄ヶ谷」駅より徒歩12分

              JR総武線「千駄ヶ谷」駅より徒歩15分

               

              【車】

              首都高速4号新宿線「外苑」出口

              ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

               

               

               

               

              神奈川県 │ 港の見える丘公園 <アゼスタ観光地ブログ>

              2017.06.20 Tuesday

              0

                ご覧頂いて有難うございます!アゼスタです。

                 

                今日は「港の見える丘公園」のご紹介です。

                 

                港の見える丘公園がある横浜山手町は、今でこそ横浜を代表する観光地として整備されていますが、

                昭和37年に開園した当時は辺り一帯外国人居留地で、丘の上にイギリス軍、下にフランス軍が

                駐屯しているという少々軍事色の強いエリアだったようです。

                みなと横浜ならではの立地ですね。

                 

                山手の観光コースに外せないといわれるこの公園に、今回私は山下公園を起点に

                「横浜人形の家」を通り、「フランス橋」を渡って、と定番ルートで歩いてみました。

                街並みを眺めながら歩くにはちょうど良い距離で、15分ほどで到着。

                丘を上がる階段もいい運動になります。

                ベイブリッジを見下ろした瞬間の感動は思いがけず大きく、風が心地よく、

                公園の魅力を存分に体感出来ました!

                神奈川県 港が見える丘公園(ベイブリッジ).JPG

                 

                横浜港やベイブリッジを眺める絶好のロケーション、また夜景が美しいデートスポットとして人気の公園ですが、

                実はもうひとつ、横浜有数のバラの名所しても知られています。

                園内に併設されているイングリッシュガーデンは平成28年にリニューアルされたばかり。

                約330種、2200株のバラが迎えてくれます。

                開花時期は春バラが5月から6月、秋バラが10月から11月頃。

                バラ以外の花もたくさん植えられていて一年を通じて季節の花を楽しむことが出来ます。

                 

                横浜めぐりにぜひおススメです。

                 

                ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                住所:神奈川県横浜市中区山手町114

                アクセス:【電車】

                みなとみらい線「元町・中華街」駅4番出口より徒歩5分

                JR「石川町」駅より徒歩20分

                 

                【車】

                首都高速横羽線「山下町」出口

                首都高速横羽線「横浜公園」出口

                首都高速狩場線湾岸線「新山下」出口

                ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                 

                神奈川県 │ 氷川丸 <アゼスタ観光地ブログ>

                2017.06.14 Wednesday

                0

                  皆さま、こんにちは!アゼスタです!

                  梅雨入り宣言が出され気分も重くなりがちな毎日ですが、

                  アメニモマケズ元気に過ごしましょう!

                   

                  さて前回に引き続きみなと横浜から今日は「氷川丸」をご紹介します。

                   

                  山下公園に係留する「氷川丸」は昭和5年に建造されました。

                  当時としては最新鋭の技術を集めた、粋で華やかな大型客船としてデビュー。

                  あの喜劇王チャーリー・チャップリンも乗船したそうです。

                  しかしその後の船人生は波乱万丈といってもいいほど厳しいものになりました。

                   

                  太平洋戦争が始まると、「氷川丸」の役割は政府徴用船、その後特設病院船として

                  南方戦線で傷ついた兵たちを運ぶことになります。

                  大型商船が次々と沈んでいく中、戦禍を被りながらも奇跡的に終戦を迎えた後は、

                  引き揚げ船となり多くの日本人の命を救ったそうです。

                   

                  そして昭和28年、ようやく本来のシアトル航路に復帰しますが、

                  時代は航空機の利用がメジャーになり昭和35年現役引退の道へと進みます。

                   

                  翌年、昭和36年からは山下公園に係留され、宿泊の出来る観光船として人気を集め、

                  13年間で約51万人を超える宿泊者を記録しました。

                  皆さまの中にもお泊りになった方、いらっしゃるかもしれませんね。

                   

                  神奈川県 氷川丸.JPG

                   

                   

                  平成20年のリニューアルオープンを経て、現在は見学コースの他、演奏会や落語など様々なイベントも行われる

                  観光スポットとして活躍を続けています。

                   

                  平成28年には国の重要文化財に指定されました。

                   

                  なんとなく穏やかな余生を迎えられて良かった、と思ってしまいますね。

                   

                  週末はオープンデッキを開放しているので、下の写真のような景色をのびのびと見ることが出来ます。

                  ぜひ足を運んでみて下さい!!

                   

                  神奈川県 氷川丸からの景色2.JPG

                   

                  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                  住所:神奈川県横浜市中区山下町山下公園地先

                  電話:045-641-4362

                  開館時間:10:00〜17:00

                  休館日:月曜日 祝日の場合は開館、翌平日休館

                  入館料:大人 300円 シニア 200円 中高生 100円 小学生 100円

                  アクセス:【電車・シーバス】

                  みなとみらい線「元町・中華街」駅4番出口より徒歩3分

                  JR「石川町」駅または「館内」駅より徒歩10分

                  横浜駅東口よりシーバスにて15分・山下公園下船

                   

                  【車】

                  首都高速横羽線「山下町」出口

                  首都高速横羽線「横浜公園」出口

                  首都高速狩場線湾岸線「新山下」出口

                  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                  神奈川県 │ 横浜マリンタワー <アゼスタ観光地ブログ>

                  2017.06.07 Wednesday

                  0

                    汗ばむ季節になってきました。もうすっかりクールビズですね。

                    こんにちは。アゼスタです。

                     

                    今回はみなと横浜のシンボル、マリンタワーをご紹介します。

                    観光の名所として、また夜景スポットとして展望台のイメージがあるマリンタワーですが、

                    1961年(昭和36年)に開業した当初は灯台としての機能を持ち、2008年まで実際に横浜港を照らしていたそうです。

                    モニュメントとしての存在だけではなく実用性も兼ねていたのですね。

                     

                    開港150周年を機にリニューアルを行い、現在ではカフェレストランやバー、披露宴が行えるバンケットルーム等、

                    人々が集う新たな名所として生まれ変わっています。

                     

                    今年は早くもビアガーデンがオープンしています。

                    この夏、中華街、山下公園を散策、マリンタワーからベイブリッジを眺め、締めにビアガーデンで1杯!

                    なんていかがでしょうか。

                    汗も吹き飛ばしさわやか1日になること間違いなしです!

                     

                     

                    神奈川県 横浜マリンタワーとマーリンシャトル2.JPG

                     

                    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                    住所:神奈川県横浜市中区山下町15番地

                    電話:045-664-1100

                    営業時間:10:00〜22:30(最終受付22:00)

                    定休日:年中無休

                    展望フロアチケット:通常料金

                       大人 750円  中高生 500円  小学生 250円  幼児 200円

                    アクセス:【電車・シーバス】

                     みなとみらい線「元町・中華街」駅4番出口より徒歩1分

                    JR「石川町」駅より徒歩15分

                    横浜駅東口よりシーバスにて15分・山下公園下船、徒歩2分

                     

                    【車】(カーナビの設定は横浜市中区山下町15番地で設定してください)

                    首都高速横羽線「山下町」出口

                    首都高速横羽線「横浜公園」出口

                    首都高速狩場線湾岸線「新山下」出口

                    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                    鹿児島県 │ 五代友厚像 <アゼスタ観光地ブログ>

                    2016.09.20 Tuesday

                    0

                      こんにちは、アゼスタです。

                      ここでは鹿児島県にある、五代友厚像をご紹介したいと思います。

                       

                      五代友厚と言えば、広岡浅子をモデルとしたNHKの朝ドラ「あさが来た」に登場した人物です。

                      ディーン・フジオカが演じる五代友厚は、登場時からものスゴイ人気を誇り、

                      亡くなられてしまった週では「五代ロス」という言葉ができるほどでした。

                       

                      こんなに人気だった五代様ですが、

                      明治維新の動乱で衰退した大阪経済を近代化に導いた立役者でした。

                      「大阪の恩人」と呼ばれることもあるくらい、生涯を大阪の発展に捧げていました。

                       

                      49才という若さで他界してしまったのが残念ですが、五代様の功績は銅像や資料を通して今では身近に感じることができます。

                      その1つの場所が鹿児島県にある、五代友厚像です。

                       

                      ↑鹿児島市泉町泉公園にある五代友厚像

                       

                      なぜ鹿児島県に五代様の銅像があるかというと、

                      五代様の出身が今の鹿児島県(当時の薩摩藩)であるからです。

                       

                      西郷隆盛や大久保利通のと共に「薩摩の三才」と言われることもあり、

                      他の藩の高杉晋作や坂本龍馬など歴史上の有名人たちと親交が深かったそうです。

                       

                       

                      実は鹿児島県にはもう一つ五代様の銅像があります。(鹿児島市中央町)

                      時間がある方はどちらの五代様を見ておくことをおすすめします。(五代様ファンのアゼスタ社員より)