新東名高速道路|駿河湾沼津SA(上り) <アゼスタ観光地ブログ>

2019.11.29 Friday

0

    こんにちは、アゼスタです。
    今回は静岡県から「駿河湾沼津SA上り」のご紹介です。

     

    駿河湾沼津SAは、駿河湾を一望できるようになっているため、人気のスポットとなっています。
    また、建物の最上階には展望台があり、紐を引っ張って鳴らす鐘が設置されていて自由に鳴らすことができます。

     

    売店の「富士山高原いでぼく」では、地元静岡の農産物や乳製品を使用したフレッシュな商品を揃えています。
    大人気「いでぼくソフト」は、くせになる濃厚な味です。
    他にも、生地の食感にもこだわったフレッシュクレープも人気です。

     

     

    周辺には、「クレマチスの丘」があります。
    見晴らしのよい、富士山麓の丘陵地にある複合施設で、施設内には花・アート・食をテーマに美術館・文学館、

    レストランやカフェ、ショップなどが点在しています。
    さまざまな品種のクレマチスが四季折々に楽しめるのも魅力の一つです。
    美しいガーデンの散策したり、アート鑑賞したり、おいしい空気を感じながら食事をしたりと、

    いろいろな楽しみ方ができるスポットです。

     

    他にも、約4万平方mの敷地に、珍しい世界の竹類、約500種類を植え込んだ「富士竹類植物園」や、
    明治期建築の高床式数寄屋造の建物で、野口幽谷[ゆうこく]や滝和亭[たきかてい]など明治期の大家による装飾絵画が、

    およそ210面にわたり、天井や襖に描かれている「三島市立公園楽寿園」もあります。

     

    -------------------------------------------------------------------------------
    新東名高速道路 「駿河湾沼津SA上り」

     

    [所在地] 静岡県沼津市根古屋998-27

     

    [公式HP] https://sapa.c-nexco.co.jp/sapa?sapainfoid=187

     

    [駐車場] 大型:98/小型:143

     

    [施設・サービス] 軽食・カフェ・レストラン・お土産・喫煙所・スマートIC接続・
             自動販売機・ドッグラン・コインランドリー・コインシャワー
    -------------------------------------------------------------------------------

    高知県高知市|高知駅 <アゼスタ観光地ブログ>

    2019.11.22 Friday

    0

      こんにちは、アゼスタです。
      今回は高知県から「高知駅」のご紹介です。

       

      高知駅は、1924年(大正13年) 11月15日に開業しました。
      現在の駅舎は3代目で2008年に完成しました。
      地元の杉材で作られたアーチ状の大屋根が特徴で、「くじらドーム」の愛称で親しまれています。
      駅舎は南国の明るく開放的なイメージを表現するために内部を白で統一しています。

       

      駅の南口にある「こうち旅広場」には土佐勤王党(とさきんのうとう)三志士像があります。
      土佐三志士とは、土佐藩の幕末の英雄である坂本龍馬、武市半平太、中岡慎太郎の3名のことです。
      この人物像はそれぞれ高さが約5.3メートルあり、台座を含めると8.3メートルにもなります。
      いずれも発泡スチロールやウレタン製で、重さは1体につき約400キロ程度だそうです。

       

       

      この広場には、「パビリオン 「龍馬伝」幕末志士社中」もあります。
      これは、大河ドラマの撮影で使われた龍馬の生家セットを再現した建物です。
      館内の「とさ屋」では高知のこだわりのお土産を販売しております。

      茶屋コーナーもありますので、幕末に想いを馳せながら土佐茶などとお菓子のセットが楽しんでみてはいかがでしょうか。

       

      ------------------------------------------------------------------------------
      高知県高知市 「高知駅」

       

      [所在地] 高知県高知市栄田町

       

      [電話] 088-822-8229

       

      [公式HP] http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/kakueki/kochi/
      ------------------------------------------------------------------------------

      長野県松本市|美鈴湖 <アゼスタ観光地ブログ>

      2019.11.15 Friday

      0

        こんにちは、アゼスタです。
        今回は長野県から「美鈴湖」のご紹介です。

         

        美鈴湖は、農業用水を確保するため池として築かれた人造湖です。
        美鈴湖の原型である芦の田池は、安土桃山時代後期の1597年(慶長2年)ころ信濃国松本藩によって築かれたとされています。

         

         

        美鈴湖では、ボートに乗ったり、釣りを楽しむことも出来ます。
        釣りはへら鮒釣りがメインですが、12月末頃からわかさぎ釣りが解禁されます。
        わかさぎ釣りは氷上に穴をあけて釣るスタイルが有名ですが、桟橋からも楽しむことができます。
        美鈴湖では、釣り竿やえさはもちろん、ガスストーブもレンタルすることができますので、

        寒い冬でも暖かくしながら釣りを楽しむことができます。

         

        周辺には、満点の星空を望める「美ヶ原高原」や、イルミネーションが美しい「国営アルプスあずみの公園」、

        松本市山と自然について学べる博物館がある「松本市アルプス公園」等、多くの見どころがあります。

         

        皆様も冬の長野を満喫してみてはいかがでしょうか。

         

        ------------------------------------------------------------------------------
        長野県松本市 「美鈴湖」

         

        [所在地] 長野県松本市三才山1830

         

        [わかさぎ釣り料金] 釣り券:1000円(小学生までは無料)

         

        [公式HP] http://www.misuzuko-tsuri.jp/index.html
        ------------------------------------------------------------------------------

        新東名高速道路|岡崎SA(下り) <アゼスタ観光地ブログ>

        2019.10.28 Monday

        0

          こんにちは、アゼスタです。
          今回は愛知県から「岡崎SA下り」のご紹介です。

           

          岡崎SAは、愛知県岡崎市にある新東名高速道路のSAで、2016年にオープンしたばかりの新しSAです。
          ブランド名は「〜歴史と自然〜NEOPASA(ネオパーサ)岡崎」で、それぞれ上りと下りにはコンセプトがあります。
          上り線側は「岡崎宿」、下り線側「森のエントランス」とコンセプトは分かれていますが、上下線共用(集約)型となっています。
          中日本高速道路(NEXCO中日本)管内で「最大級の規模」のサービスエリアです。

           

           

          下り側は、「コノハズク」の顔をイメージした入口がキャッチーな木目調デザインになっています。
          自然に囲まれた岡崎の森の中という環境を積み木で表現しており、これから東海地方に向かう旅の楽しみを膨らませます。

           

          コンビニエンスストアの奥に「ドライバーズスポット」というものがあります。
          ここは、4時間営業しているコインランドリーがあります。
          洗濯1回200円、乾燥は30分100円で利用可能です。
          さらに1回300円で使えるコインシャワーも併設されています。
          サービスエリアで個室のシャワーというのは全国的にみてもかなり珍しいでしょう。

           

          屋外には、ドッグランやお子様と遊べるファミリーエリアもあります。

           

          長距離運転しているドライバーの方にも、家族連れでも楽しめる空間となっています。

           

          -------------------------------------------------------------------------------
          新東名高速道路 「岡崎SA下り」

           

          [所在地] 愛知県岡崎市宮石町字六ツ田10-4

           

          [公式HP] https://sapa.c-nexco.co.jp/sapa?sapainfoid=208#panel

           

          [駐車場] 大型:77/小型:204

           

          [施設・サービス] 軽食・カフェ・レストラン・お土産・喫煙所・自動販売機
                   コインランドリー・コインシャワー・ドッグラ・遊具設備
          -------------------------------------------------------------------------------

          長野県長野市|川中島古戦場史跡公園 <アゼスタ観光地ブログ>

          2019.10.21 Monday

          0

            こんにちは、アゼスタです。
            今回は長野県から「川中島古戦場史跡公園」のご紹介です。

             

            川中島古戦場史跡公園は、武田信玄と上杉謙信の戦いで有名な川中島古戦場に開設した公園です。
            園内には、12,000平方メートルの築山状芝生広場、自然石を配した小川のせせらぎ、かやぶき屋根の四阿等があり、史跡公園のイメージに花を添えています。

             

            最大の見どころとして、武田信玄と上杉謙信一騎討ちの像があります。
            この像は、永禄4(1561)年の第4次川中島の戦いで、武田方の軍学書『甲陽軍鑑』に記された「武田本陣で床几に腰掛ける信玄めがけて上杉謙信が馬上から太刀で切りつけ、信玄がそれを軍配で受ける」という記載から生まれたそうです。
            この2人はこの川中島で5回戦ったとされていますが、結局決着はつかなかったそうです。

             

             

            銅像の傍には「執念の石」があります。
            この石には穴があいており、説明には上杉謙信を取り逃がした武田方の原大隅という人間が信玄を助けた際に謙信を取り逃がしてしまい、その悔しさで傍にあったこの石を槍で突き通したそうです。

             

            その他にも園内には市立博物館があり、社会教育の場として広く利用されています。
            主に長野盆地の歴史と生活をテーマにした展示やプラネタリウムがあります。

             

            近くには山本勘助の墓や、松代城跡もあります。
            松代城は元々川中島の合戦で上杉勢攻略のために武田信玄の軍師である山本勘助が提案してできた城です。

             

            いろいろなところに足をのばして、たくさんの歴史に触れる旅を満喫してみてはいかがでしょうか。

             

            ------------------------------------------------------------------------------
            長野県長野市 「川中島古戦場史跡公園」


            [所在地] 長野県長野市小島田町1384−1

             

            [入園料] 無料

             

            [駐車場] 156台(普通車145台、大型車11台)無料

             

            [駐車場利用時間] 3月1日〜11月30日 : 8:30 〜 21:00
                                 12月1日〜2月末日 : 8:30 〜 17:30

             

            [公式HP] https://www.city.nagano.nagano.jp/site/toshikouen/11379.html
            ------------------------------------------------------------------------------

            石川県金沢市|金沢駅 <アゼスタ観光地ブログ>

            2019.10.18 Friday

            0

              こんにちは、アゼスタです。
              今回は石川県から「金沢駅」のご紹介です。

               

              金沢駅は、1898年(明治31年) 4月1日に開業しました。
              JR西日本、IRいしかわ鉄道の金沢駅には、JR西日本の北陸新幹線と北陸本線、IRいしかわ鉄道のIRいしかわ鉄道線が乗り入れています。
              特急「サンダーバード」や、特急「能登かがり火」などの優等列車も発着しています。

               

              金沢の伝統芸能「加賀宝生」でも使われる鼓をイメージして作られた鼓門を抜けると、対照的に近代的な「もてなしドーム」が広がっています。

              3,019枚のガラスが使われているそうです。
              「もてなしドーム」という名前には、雨や雪の多い金沢で「駅を降りた人に傘を差し出す、もてなしの心」と言う意味が込められています。

              2001年(平成13年)に第3回中部の駅百選に選定され、2011年(平成23年)にはアメリカの著名な旅行雑誌「Travel + Leisure」のウェブサイトで「世界で最も美しい駅」の一つに選ばれています。

               

               

              金沢駅は有名な兼六園方面へ続く「兼六園口」がありますが、金沢百番街「あんと」に直結する「あんと改札口」も設けられています。

               

              金沢百番とは、金沢駅構内にある商業施設で、高架下南部にある「あんと」は観光客に人気のお土産、飲食エリアになっています。
              地元の和菓子、地酒、工芸品が揃うお土産ショップから、金沢ならではの味が楽しめる飲食店が数多く揃っています。
              さらに「あんと西」では、生鮮食品スーパーやドラックストアに飲食店のエリアとなっていて、旅行の行き帰りに立ち寄りたい金沢の名店街です。

              そして、高架下北部の「Rinto」は人気のファッションエリアです。
              ファッションだけでなく、雑貨や書籍類、カフェなども多彩なお店がそろっています。

               

              金沢に行った際はもちろん、新幹線の乗り継ぎ時にも、金沢百番街でお弁当を買ってみたり、金沢の工芸品を楽しんでみてはいかがでしょうか。

               

              ------------------------------------------------------------------------------
              石川県金沢市 「金沢駅」

               

              [所在地] 石川県金沢市木ノ新保町1-1

               

              [電話] 076-262-7605

               

              [公式HP] https://www.jr-odekake.net/eki/top.php?id=0541449
              ------------------------------------------------------------------------------

              東北自動車道|上河内SA上り <アゼスタ観光地ブログ>

              2019.09.30 Monday

              0

                こんにちは、アゼスタです。
                今回は福島県から「上河内SA上り」のご紹介です。

                 

                上河内SAは、栃木県宇都宮市にあり、自然豊かな地ですのでドライブの合間にひと休みするには絶好のSAです。

                 

                上河内SAは「あさやホテル」が運営受託しています。
                そのため、SA内のレストラン「あさや」では、鬼怒川温泉あさやで不動の人気を誇る和牛カレーをはじめ、栃木産牛や那須郡司豚を使用した贅沢なハンバーグや、栃木県日光市で飼育される希少なブランド豚『日光HIMITSU豚』を使ったヒレカツ御膳等、栃木を味わい尽くせるメニューになっています。

                 

                 

                フードコートやショッピングコーナーは24時間営業しています。

                宇都宮名物餃子が食べられる定食や、いくつもの種類のお土産餃子があります。


                フードコートでは、餃子以外にも上河内醤油ラーメンが楽しめます。
                日光の漬物の名店で使用している「たまり醤油」と、宇都宮の中華料理の名店から取り寄せた秘伝の「醤油だれ」を独自の配合でブレンドした優しい味わいのスープが大好評です。
                また、新メニューとして、当エリアフードコートで発売される、野菜を使った『ヘルシー野菜そば・うどん(各680円・税込)』が発売されているようです。
                見た目にも鮮やかな野菜がたくさんですので、食欲の秋を満喫出来ると思います。

                 

                お土産には、新鮮な那須の牛乳をたっぷり使用したふんわり触感の「那須高原ブレッド」や、「御用邸チーズケーキ」が人気です。

                 

                栃木の味覚満載の上河内SAでおなかを満たして旅を楽しんでください。

                 

                -------------------------------------------------------------------------------
                東北自動車道 「上河内SA上り」

                 

                [所在地] 栃木県宇都宮市今里町中丸1145

                 

                [公式HP] https://www.driveplaza.com/sapa/1040/1040091/1/

                 

                [駐車場] 大型:44/小型:171

                 

                [施設・サービス] 軽食・カフェ・レストラン・お土産・産直販売・
                                   給油・喫煙所・自動販売機・ベビーコーナー
                -------------------------------------------------------------------------------

                 

                長野県上田市|上田城 <アゼスタ観光地ブログ>

                2019.09.27 Friday

                0

                  こんにちは、アゼスタです。
                  今回は長野県から「上田城」のご紹介です。

                   

                  上田城は、真田信繁(幸村)の父、真田昌幸によって築城されました。
                  上田城は第一次・第二次上田合戦で徳川軍を二度にわたり撃退した難攻不落の城として知られています。

                   

                  構造は、本丸を南側に置き、二の丸が本丸の北・東・西を囲み、二の丸と東の大手門の間に三の丸を置く、梯郭式といわれる縄張りとなっています。
                  通常は本丸や二の丸など城の中心に置かれる政務用の建物が、三の丸に置かれているのが特徴です。
                  これは、真田信幸が上田領を継承した際に、上田城は破却されており、城下町に近い三の丸跡地に居館を建てたことに始まります。
                  その後、上田城は再建されましたが、不完全なまま終わっており、真田昌幸時代の上田城について正確な構造は、わかっていないのだそうです。

                   

                   

                  上田城では、10月下旬〜11月上旬にかけて、「上田城けやき並木紅葉まつり」が開催されます。
                  グルメイベントや甲冑試着、乗馬など、歴史・グルメ・おもてなしを堪能できるイベントがたくさんあります。
                  そして、なにより上田城跡公園のけやき並木遊歩道ライトアップは、鮮やかな紅葉が上田城を彩り、多くの人を魅了します。
                  この景色は日本百名城 二十七番・日本夜景遺産に認定されています。

                   

                  その他にも、4月には戦国の名城を埋め尽くすように約1,000本の桜が咲き誇る「上田城千本桜まつり」や、砲隊の砲術演武が見られる「上田真田まつり」も開催されます。

                   

                  周辺には「眞田神社」をはじめ、「上田市立博物館」や「上田城下町・北国街道柳町」など見どころもたくさんあります。

                   

                  素敵な景色や歴史を堪能しにぜひ一度足を運んでみてください。
                   

                  東京都足立区・荒川区|千住大橋 <アゼスタ観光地ブログ>

                  2019.09.06 Friday

                  0

                    こんにちは、アゼスタです。
                    今回は東京都から「千住大橋」のご紹介です。

                     

                    千住大橋(せんじゅおおはし)は、旧日光街道の隅田川にかかる橋です。

                     

                    最初に千住大橋が架橋されたのは、徳川家康が江戸に入府して間もない文禄3年(1594年)11月のことで、隅田川最初の橋でした。
                    当初の橋は現在より上流200mほどのところで、当時「渡裸川の渡し(戸田の渡し)」と呼ばれる渡船場があり、古い街道筋にあたった場所と推測されています。

                     

                    千住大橋は何度も改架、改修が行われ、正保4年(1647年)、寛文6年(1666年)、天和4年(1684年)、享保3年(1718年)、宝暦4年(1754年)、明和4年(1767年)の計6回にも及びます。
                    なお、明和の架け替えの際に、ほぼ現在の位置に架け替えられたそうです。
                    最初の架橋から明治18年(1885年)7月1日の台風による洪水まで、流出が一度も無く、江戸時代の300年近くを生き抜いた名橋と言われています。

                     

                    その後、明治19年(1886年)に二重の太鼓橋様式の木橋として再架橋され、関東大震災後の震災復興事業の一環として、昭和2年(1927年)に現在の鉄橋が架橋されました。
                    タイドアーチ橋としては日本最古のものです。
                    昭和48年に交通量増大のために、下流側にぴったり接して新橋が架橋されました。

                     

                     

                    橋の入り口には千住大橋の解説がかかれていたり、周辺には奥の細道に関する石碑や記述があちこちにみられます。

                    だんだんと気候が涼しくなっていきますので、歴史を巡って周囲を散策してみるのもよいのではないでしょうか。

                     

                    -------------------------------------------------------------------------------
                    東京都 「千住大橋」

                     

                    [所在地] 北岸:東京都足立区千住橋戸町
                         南岸:東京都荒川区南千住6丁目

                     

                    [HP] 足立区:https://www.city.adachi.tokyo.jp/hakubutsukan/chiikibunka/hakubutsukan/manabu-senjuohashi.html
                        荒川区:https://www.city.arakawa.tokyo.jp/kanko/jishajiin/minamisenjujinja/senjuoohashi.html

                    ------------------------------------------------------------------------------

                    長野県長野市|長野駅 <アゼスタ観光地ブログ>

                    2019.08.30 Friday

                    0

                      こんにちは、アゼスタです。
                      今回は長野県から「長野駅」のご紹介です。

                       

                      長野駅は、1888年(明治21年)5月1日に開業しました。
                      JR東日本の駅で、県内最大のターミナル駅となっており、北陸新幹線と信越本線、しなの鉄道の北しなの線、長野電鉄の長野線が乗り入れています。

                       

                       

                      長野駅から歩いて30分くらいの距離には「善光寺」があります。

                      善光寺までの道のりは、ほぼ一本道です。

                      歩道には小さな石の道しるべが多数設置されており、何キロ歩いたか、残り何キロかということがすぐにわかるようになっています。

                       

                      この一本道にはたくさんの信州そば屋さんやCafe、飲食店などがあります。
                      例えば、酒まんじゅうで有名な「つるや」や、長野名物の七味唐辛子「八幡屋磯五郎」のお店もあります。
                      久世福商店」のおとうふドーナツや、「HEIGORO」のソフトクリームも有名ですので、食べ歩きを楽しむこともできます。

                       

                      小さなお子様連れだったり、ご年配の方と一緒の場合は、駅から出ている循環バス「ぐるりん号」や「びんずる号」を利用するのもよいかと思います。
                      料金は150円(小人80円)で、所要時間10分程度で善光寺に到着します。

                       

                      長野駅から地下鉄の長野電鉄「善光寺下駅」まで行く方法もありますが、こちらは駅から10分ほど歩くことになりますのでご注意ください。

                       

                      一度行ったことのある場所でも、前回とは違った方法で旅をすることでまた新しい発見があるかもしれませんね。

                       

                      ------------------------------------------------------------------------------
                      長野県長野市 「長野駅」

                       

                      [所在地] 長野市南千歳1-25

                       

                      [電話] 026-226-2681

                       

                      [公式HP] https://www.jreast.co.jp/estation/station/info.aspx?StationCd=1105
                      ------------------------------------------------------------------------------